愉しいことは日々にある

今月の一服

日本茶三種コース(アテ付き)
2,000円(税込)

1月11日(木) ~

一、献上加賀棒茶
二、玉露
三、季節のほうじ茶
※それぞれのお茶にアテをご用意しております

喫茶は完全予約制・上記コースメニューのみとなります。
ご予約は店頭またはお電話にて承ります。

なお、喫茶ご利用の時間は下記のとおりとさせていただきます。

  1. 11:00~12:30
  2. 12:45~14:15
  3. 14:30~16:00
  4. 16:15~17:45

コースの内容をすべてお召し上がりいただきますと、
約1時間程度かかります。
(お席は1時間30分お使いいただけます)

作品展

終了しました
2017年12月2日(土)~12月26日(火)

大上 裕樹 陶展 新春を迎える器

小杉一笑

今月の俳句

大雪や鐘なき村の夜ぞ更けぬ

与謝蕪村 
出典:「芭蕉の音風景」ぺりかん社

小杉一笑
小杉 一笑(こすぎいっしょう・1653~1688 )
元禄期の加賀藩を代表する俳人。通称茶屋清七、また新七説もある。『俳枕』以来、『時勢粧』『山下水』『大井川集』『名取河』『孤松』『阿羅野』などに入句。とくに近江大津で刊行され尚白撰『孤松』に一九三句入集され、上方でもその名が知られ、中でも芭蕉にもっとも注目された。貞門・談林をへて蕉門に属する。追善集は兄の丿松編『西の雲』。芭蕉の「塚も動け」の句をはじめ、諸家の追悼句、および一笑の一〇四句を収める。辞世は「心から雪うつくしや西の雲」。

店舗情報

店舗名 茶房 一笑(さぼう いっしょう)
住所 〒920-0831 石川県金沢市東山 1-26-13
TEL 076-251-0108
FAX 076-251-9378
営業時間 11:00~18:00
ラストオーダー 17:30
定休日 月曜日(祝日は営業・翌日休業)

【営業内容を変更いたします】
茶房一笑は、新しく提案する店として準備してまいります。
2018年1月より下記のとおり営業内容を変更いたします。
 1/4 (木)~ 喫茶を完全予約制とさせていただきます
 1/11(木)~ 喫茶のおしながきを一新いたします
 *ご予約、お問い合わせは店頭・お電話にて承ります。

  • 営業日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28  
  • 定休日

    営業時間変更日

    • ● 金沢駅東口4番乗り場 JRバス 約7分(各駅停車は約15分)→橋場町下車
    • ● 金沢駅東口7番乗り場 北鉄バスまたは金沢周遊バス(右回りルート) 約11分→橋場町(ひがし・主計町茶屋街)下車
    • ● バス停より徒歩5分
    Top